I05:グローバル化で地方創生。キリロムさぬきキャンパス

セッション

I05:グローバル化で地方創生。キリロムさぬきキャンパス

2022年5月2日(月)12:30 - 13:30
日本での地方創生の取り組みは大切である一方、コロナ禍になり国境を閉ざした日本は、世界中の日本に訪れたいビジネス及び観光客を取りこぼしています。
グローバル化を絡めて地方創生の取り組みができないか、という問題意識から、さぬき市にゆかりのあるリーダーたちが議論します。ご登壇は、衆議院議員・玉木雄一郎氏、さぬき市長大山茂樹氏、海外の映画祭でも受賞歴のある映画監督香西志帆氏です。
地方創生のキーワードとされる「国際化」「教育」「観光」(3K)を国家戦略、またさぬき市としてどう実現するか、地方の豊かな土地・人・特徴ある産業を生かした地方創生の具体的アイディアについて議論します。日本の地方の可能性をひらき、外貨を呼び込めるような環境を整えることで、地方創生がより面白いものになる。地元への愛と前向きなエネルギーが感じられるセッションです。

スピーカー
玉木 雄一郎

衆議院議員玉木雄一郎事務所
衆議院議員

玉木雄一郎_キリロムグローバルフォーラム

スピーカー
玉木 雄一郎

衆議院議員玉木雄一郎事務所
衆議院議員

経歴
昭和51年4月 寒川町立神前小学校(現・さぬき市立神前小学校)入学
昭和57年4月 寒川町立天王中学校(現・さぬき市立天王中学校)入学
昭和60年4月 香川県立高松高等学校入学
平成5年3月 東京大学法学部卒業
平成5年4月 大蔵省入省
平成9年6月 ハーバード大学ケネディスクール修了
平成9年7月 外務省(中近東アフリカ局中近東第一課)へ出向
平成12年7月 金融庁(証券取引等監視委員会)へ出向
平成13年7月 大阪国税局へ出向 総務課長に就任
平成14年7月 内閣府へ出向 行革大臣秘書専門官に就任
石原伸晃大臣、金子一義大臣、村上誠一郎大臣に仕える
平成17年8月 財務省主計局主査を最後に財務省を退官
平成17年9月 第44回衆議院議員総選挙に香川2区から初出馬・落選
平成21年8月 第45回衆議院議員総選挙に再び香川2区から再挑戦し初当選
平成24年12月 第46回衆議院議員総選挙 香川2区で再選
民主党副幹事長及び政策調査会副会長を歴任
平成26年12月 第47回衆議院議員総選挙 香川2区で3期目当選
平成28年9月 民進党代表選に出馬、民進党幹事長代理を拝命
平成29年10月 第48回衆議院議員総選挙 香川2区で4期目当選
平成30年5月 国民民主党結党、共同代表に就任。同年9月に代表に就任
令和2年9月 国民民主党設立、代表に就任
令和3年10月 第49回衆議院議員総選挙 香川2区で5期目当選

I05:グローバル化で地方創生。キリロムさぬきキャンパス

スピーカー
大山 茂樹

香川県さぬき市
市長

大山茂樹 キリロムグローバルフォーラム

スピーカー
大山 茂樹

香川県さぬき市
市長

昭和25年9月 生まれ。さぬき市津田町津田在住。
昭和50年3月 京都大学法学部卒。
昭和50年4月 香川県庁に入庁後、長寿社会対策課長、人事課長、商工労働部次長、農政水産部長を歴任。
平成18年2月 香川県庁を退職。
平成18年5月 さぬき市長に就任。現在四期目。

I05:グローバル化で地方創生。キリロムさぬきキャンパス

スピーカー
香西 志帆


映画監督

香西志帆 キリロムグローバルフォーラム

スピーカー
香西 志帆


映画監督

香川県高松市出身、在住。銀行員であり映画監督。2006年よりさぬき映画祭の映像塾において中島貞夫監督に脚本を学びはじめる。
2008年『UDON 禁止令』で初監督。2012年、ことでん路線開通百周年記念映画『猫と電車ーねことでんしゃー』で長編映画初監督。地元のミニシアターで観客動員数で記録を出し、映画祭などで高い評価を受ける。2014 年、長編映画第2作目『恋とオンチの方程式』を制作し全国上映される。2015年制作したうどん県プロモーション映像『ウドン・オブ・ミュージック』が話題に。2016年制作したダンスムービー「盆栽たいそう」がパリのJAPAN EXPO’16でイベント上映され、ハリウッド国際映画祭で2冠。2020年、新作『ぐるり1200キロ、はじまりの旅』がさぬき映画祭オープニング上映される。
受賞歴:人間力大賞 準グランプリ・町おこし賞、高松市文化奨励賞、AOF国際映画祭 最優秀外国作品賞、ハリウッド・ドリームズ国際映画祭 ベストミュージックビデオ賞、ヤングパフォーマー賞、知多半島映画祭 準グランプリなど。

I05:グローバル化で地方創生。キリロムさぬきキャンパス
T08:知らないと損する 人を呼ぶ・情報発信する最新メディア活用術

モデレーター
猪塚 武

キリロムグループ(vkirirom pte. ltd.)
CEO

猪塚武 キリロムグローバルフォーラム

モデレーター
猪塚 武

キリロムグループ(vkirirom pte. ltd.)
CEO

1967年 香川県出身
1990年 早稲田大学 理工学部物理学科卒
1993年 東京工業大学大学院 理工学研究科応用物理学専攻卒
1995年 東京工業大学大学院博士課程中退
1995年 アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア) 入社
1998年 株式会社デジタルフォレスト設立 代表取締役就任
日本No.1(2006年)のアクセス解析ソフトの会社になる。
2009年にNTT Communication社に事業売却
2011年 A2A town (Cambodia)Co.,Ltd 設立 代表取締役就任
キリロム工科大学を中心とした「vキリロムネイチャーランド」を立ち上げる。
キリロム工科大学は英語で先端ITを学ぶ大学でカンボジアのトップの学生と日本人学生が共に全寮制で学ぶ。

2014年 vKirirom Pte. Ltd 設立 Founder/CEO 就任
「デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast 500」に2017年、2018年、2019年、2020年の4年連続ランクイン。
世界的な起業家組織EOの日本支部会長、カンボジア支部ファウンダー、アジアの理事を歴任
一般社団法人WAOJE 前代表理事

B07:キリロムグループ事業計画
E07:旅する大学へ、キリロム工科大学の未来
I05:グローバル化で地方創生。キリロムさぬきキャンパス
I08:日本の人口を増やすための科学的議論。(結婚適齢期、マッチング率、出生率、移民)
T09:Web3への投資
T10:日本のDXのトレンド
I09:日本の競争力回復

※セッションタイトルとご登壇者は変更になる可能性があります

 

 

-セッション

© 2022 キリロムグローバルフォーラム2022 公式サイト