I09:日本の競争力回復

https://2022.kgforum.info

セッション

I09:日本の競争力回復

2022年5月5日(木)18:30 - 19:30
世界の企業及び大学のランキングを見ると明らかなように、日本の競争力の低下は喫緊の問題となっています。
失われた30年とも言われる時を過ごした日本が、再び競争力を取り戻すことができるのか、お二人の有識者に伺っていきます。経済及び金融政策を研究する小黒一正氏がマクロの視点から、シンガポールに拠点を置き、アジア新興国のスタートアップにアーリーステージから投資する蛯原健氏がミクロの視点から議論します。
日本の将来に悲観的にならないために、現在の停滞の根本原因を探るとともに、超低金利から抜け出すこと、日本が勝てる産業に一点集中で投資していくこと、グローバル経営人材を必要なだけ獲得していくこと、個人個人が自分ごととしてこの社会課題を捉えることについて、深いお話をぜひお聞きください。

スピーカー
蛯原 健

リブライト パートナーズ
代表パートナー

蛯原健 キリロムグローバルフォーラム

スピーカー
蛯原 健

リブライト パートナーズ
代表パートナー

1994年 (株)ジャフコ入社、2008年アジア地域に特化した独立系ベンチャーキャピタル、リブライトパートナーズを創業。
現在シンガポールとインド・バンガロールおよび東京の3拠点体制で運営。
日本証券アナリスト協会 認定アナリスト(CMA)

I09:日本の競争力回復

スピーカー
小黒 一正

法政大学経済学部
教授

小黒一正 キリロムグローバルフォーラム

スピーカー
小黒 一正

法政大学経済学部
教授

1974年生まれ。京都大学理学部卒業、一橋大学大学院経済学研究科博士課程修了(経済学博士)。
1997年 大蔵省(現財務省)入省後、大臣官房文書課法令審査官補、関税局監視課総括補佐、財務省財務総合政策研究所主任研究官、一橋大学経済研究所准教授などを経て、2015年4月から現職。財務省財務総合政策研究所上席客員研究員、経済産業研究所コンサルティングフェロー。内閣官房 新しい資本主義実現本部事務局「新技術等効果評価委員会」委員。鹿島平和研究所理事、新時代戦略研究所理事、キヤノングローバル戦略研究所主任研究員。専門は公共経済学。

主な著書に『財政危機の深層』『日本経済の再構築』『薬価の経済学』等がある。

I09:日本の競争力回復

モデレーター
猪塚 武

キリロムグループ(vkirirom pte. ltd.)
CEO

猪塚武 キリロムグローバルフォーラム

モデレーター
猪塚 武

キリロムグループ(vkirirom pte. ltd.)
CEO

1967年 香川県出身
1990年 早稲田大学 理工学部物理学科卒
1993年 東京工業大学大学院 理工学研究科応用物理学専攻卒
1995年 東京工業大学大学院博士課程中退
1995年 アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア) 入社
1998年 株式会社デジタルフォレスト設立 代表取締役就任
日本No.1(2006年)のアクセス解析ソフトの会社になる。
2009年にNTT Communication社に事業売却
2011年 A2A town (Cambodia)Co.,Ltd 設立 代表取締役就任
キリロム工科大学を中心とした「vキリロムネイチャーランド」を立ち上げる。
キリロム工科大学は英語で先端ITを学ぶ大学でカンボジアのトップの学生と日本人学生が共に全寮制で学ぶ。

2014年 vKirirom Pte. Ltd 設立 Founder/CEO 就任
「デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast 500」に2017年、2018年、2019年、2020年の4年連続ランクイン。
世界的な起業家組織EOの日本支部会長、カンボジア支部ファウンダー、アジアの理事を歴任
一般社団法人WAOJE 前代表理事

B07:キリロムグループ事業計画
E07:旅する大学へ、キリロム工科大学の未来
I05:グローバル化で地方創生。キリロムさぬきキャンパス
I08:日本の人口を増やすための科学的議論。(結婚適齢期、マッチング率、出生率、移民)
T09:Web3への投資
T10:日本のDXのトレンド
I09:日本の競争力回復

※セッションタイトルとご登壇者は変更になる可能性があります

 

 

-セッション

© 2022 キリロムグローバルフォーラム2022 公式サイト