T01:AI×ロボティクスの最前線で何が起きているのか

https://2022.kgforum.info

セッション

T01:AI×ロボティクスの最前線で何が起きているのか

2022年5月3日(火)11:00 - 12:00
減少する労働人口の代わりとして日々進化を遂げ、社会実装の進むロボット技術。
その最先端を取り扱う企業は何を考えビジネスを行っているのでしょうか?
登壇者は、次世代型アバターロボット「ugo」を提供するUGOの羽田氏、ロボティクス×AIで社会課題を解決を目指す、センシンロボティクスの北村氏、ロボット技術で農業課題を解決するAGRISTの秦氏。モデレーターにAI×Robotics Kitを提供するFaBoの佐々木氏。

自社のAIの取り入れ方や、ビジネスとしてロボット技術を取り扱う難しさ、共創相手の見つけ方など、経営者達の生の声が聞けるセッションとなっています。ロボット技術の社会実装の最先端が知りたい方、必見のセッション!

スピーカー
北村 卓也

株式会社センシンロボティクス
代表取締役社長

北村 卓也 キリロムグローバルフォーラム

スピーカー
北村 卓也

株式会社センシンロボティクス
代表取締役社長

日本IBMを経て、2008年より日本マイクロソフトでコンサルティングサービスビジネスの立ち上げ及びサービス営業担当部長としてビジネス拡大をリード、2016年より前職SAPジャパンではビジネスアナリティクス部門にて機械学習を中核としたデータアナリティクス事業を推進。2018年10月よりセンシンロボティクスに参画。Design Thinkingファシリテーター。

T01:AI×ロボティクスの最前線で何が起きているのか

スピーカー
羽田 卓生

ugo株式会社
取締役COO

スピーカー
羽田 卓生

ugo株式会社
取締役COO

1998年 立命館大学経済学部卒。同年ソフトバンク株式会社に入社。2013年にアスラテック株式会社の立ち上げに参画。
2019年7月より、株式会社ABEJAを経て、2020年 ugo取締役COO就任。
そのほか、任意団体ロボットパイオニアフォーラムジャパン代表幹事や、特定非営利活動法人ロボットビジネス支援機構「RobiZy」アドバイザーを務める。

T01:AI×ロボティクスの最前線で何が起きているのか

スピーカー
秦 裕貴

AGRIST株式会社
代表取締役社長兼CTO

スピーカー
秦 裕貴

AGRIST株式会社
代表取締役社長兼CTO

1993年、福岡県福津市生まれ。
北九州工業高等専門学校 専攻科卒。

新卒時に、心の豊かさと経済的な豊かさが両立できる可能性を秘めた農業に興味を持ち、新規就農しようとするも採算の不確実性を懸念して就農を断念。学生時代から関わっていた高専学内のロボットベンチャーに入社する。同社の代表に就任し、特殊用途3Dプリンタや家庭用見守りロボット、産業用ドローン開発などに従事。
その後、2019年AGRIST設立と同時にCTOに就任し宮崎へ移住。

「“人が食べるもの”を作っている農家がもっとリスペクトされるべき」という思いと、過去に自身が就農を断念した経験から、テクノロジー×農業で儲かる農業を実現し、農業をより魅力的な産業にすることを目指している。

T01:AI×ロボティクスの最前線で何が起きているのか

モデレーター
佐々木陽

株式会社GClue, 株式会社FaBo
代表取締役社長, 工学博士

佐々木陽 キリロムグローバルフォーラム

モデレーター
佐々木陽

株式会社GClue, 株式会社FaBo
代表取締役社長, 工学博士

株式会社GClue, 株式会社FaBo代表取締役社長, 工学博士。 1999年より携帯電話向けコンテンツ開発を開始し、iOS/Androidアプリの開発やIoTハードウェアの開発などをおこなう。現在は、AI x Robotics向けの教育キットやロボット開発をおこなう。

T01:AI×ロボティクスの最前線で何が起きているのか

※セッションタイトルとご登壇者は変更になる可能性があります

 

 

-セッション

© 2022 キリロムグローバルフォーラム2022 公式サイト