T04:ITレジェンドが語る「プログラミング力とは何か」

https://2022.kgforum.info

セッション

T04:ITレジェンドが語る「プログラミング力とは何か」

2022年5月3日(火)15:30 - 16:30
日本が世界に誇るITヒーロー達が集結。
民間からデジ庁統括官に転じ日本のDXをリードする楠氏、超人気プログラミング言語Rubyの生みの親として世界中で尊敬を集めるまつもと氏、世界最大級のプログラミングコンテスト「atcoder」代表であり自身も世界最高峰の競技プログラマでもある高橋氏。夢のようなセッションが実現しました。
プログラミング力、一緒に働きたいエンジニア、世界と日本の違い、ローコード、果てはメタバース、WEB3まで、ITレジェンドが語ります。モデレータは技術力を武器に世界中を渡り歩き、現在はカンボジアトップのIT技術大学で200名超の若手エンジニアを育成する後藤氏が務めます。最後には日本のITエンジニアへの力強いメッセージも。全ての日本のエンジニアに見てもらいたい、そんなセッションとなりました。

スピーカー
まつもとゆきひろ

Ruby
創始者

まつもとゆきひろ キリロムグローバルフォーラム

スピーカー
まつもとゆきひろ

Ruby
創始者

ネットワーク応用通信研究所フェロー。Rubyアソシエーション理事長。他、多数企業の技術顧問など肩書多数。鳥取県出身、島根県在住。島根県松江市名誉市民。妻一人、子4人、犬猫1匹ずつ。東京嫌い、温泉好き。

T04:ITレジェンドが語る「プログラミング力とは何か」

スピーカー
高橋 直大(chokudai)

AtCoder株式会社
代表取締役社長

高橋直大 キリロムグローバルフォーラム

スピーカー
高橋 直大(chokudai)

AtCoder株式会社
代表取締役社長

1988年 東京都生まれ。慶應義塾大学大学院修了。
2006年からプログラミングコンテストに熱中し、いくつかの世界大会で入賞。
国内に広めるため、2012年の大学院在学中に、プログラミングコンテストの運営を行うAtCoder株式会社を設立。
現在登録者数は38万人に上り、多くの学生や社会人のプログラミングスキルの向上に寄与している。
インターネット上では「chokudai」の名前で、主にTwitterなどで活動している。

プログラミングコンテストにおける主な実績
Imagine Cup 2008 Algorithm部門 世界3位
TopCoder Open 2010 Marathon部門 世界2位
ICFP Programming Contest 2013, 2015, 2016, 2018, 2019 世界1位
Google Hash Code 2021 世界4位

T04:ITレジェンドが語る「プログラミング力とは何か」

スピーカー
楠 正憲


デジタル庁統括官/デジタル社会共通機能グループ長

楠正憲 キリロムグローバルフォーラム

スピーカー
楠 正憲


デジタル庁統括官/デジタル社会共通機能グループ長

昭和52年熊本県生まれ、平成13年神奈川大学経済学部卒業。

日本マイクロソフト株式会社技術標準部長、ヤフー株式会社決済金融カンパニー情報セキュリティID戦略室長、Japan Digital Design株式会社 CTOを経て2021年9月 デジタル庁の発足に合わせて統括官に就任。

デジタル社会共通機能グループ長としてマイナンバー制度、データ戦略、クラウド、ネットワーク、自治体標準化などを担当。 2011年から番号制度推進管理補佐官、2012年から政府CIO補佐官としてマイナンバー制度を支える情報システム、最近ではワクチン接種記録システム等の開発に従事。

T04:ITレジェンドが語る「プログラミング力とは何か」

モデレーター
後藤 智

キリロムグループ
CTO

後藤智 キリロムグローバルフォーラム

モデレーター
後藤 智

キリロムグループ
CTO

シンガポール、インド、アメリカと世界で傭兵のようにエンジニア業をこなしてきたギーク。技術の幅はモバイルからメタバース、Web3まで幅広くこなし、カンボジアにあるキリロム技術工科大学ではCTOのタスクをこなし、200人強のエンジニアの育成と強化を図っている。Fintecやフロントエンド分野に強みがあり、著作物では『株価予測に使える10の指標データと相関関係のPython分析: -マクロ経済を見ていこう- Pythonで米国株をデータ分析』 や『Pythonによる米国株テクニカル分析と検証: -どのテクニカル指標が良い結果を出すのか過去データを検証しよう- 』などの本を執筆。

T04:ITレジェンドが語る「プログラミング力とは何か」

※セッションタイトルとご登壇者は変更になる可能性があります

 

 

-セッション

© 2022 キリロムグローバルフォーラム2022 公式サイト