平川大 キリロムグローバルフォーラム

https://2022.kgforum.info

セッション

B04:日本のスタートアップがグローバルで戦うには

2022年4月29日(金)15:30 - 16:30
日本の市場が成熟し縮小していく中で、グローバルに目を向けるスタートアップが増えています。一方、マーケットはもとより、言語や文化、商習慣の違いから、グローバルでの展開にハードルを感じたり、将来課題と考える経営者、海外担当責任者も多いのではないでしょうか。
このセッションでは、旅行、医療、貿易の分野で海外でのビジネスを成功させているパネリスト3名が、日本のスタートアップが世界で戦うための心構えから、戦略の成功事例、なぜ日本からユニコーン企業が生まれないのか?の問いに対する仮説、日本の経営者・企業の可能性まで、幅広く議論します。すでにグローバル展開を進めている企業にとっても、今後進出あるいは海外で起業するみなさまにとっても、ヒントが満載のセッションです。

スピーカー
平川 大

株式会社メディカルネット
代表取締役グループCEO

平川大 キリロムグローバルフォーラム

スピーカー
平川 大

株式会社メディカルネット
代表取締役グループCEO

埼玉県生まれ。青山学院大学経営学部卒業。 大学卒業後、外資系ITベンダーでプリセールスやソリューションセールスとして、製造業や通信・通販・メディア業界のクライアント企業のITシステム導入・活用を支援する。約10年間にわたるITビジネスの経験を活かし、株式会社メディカルネットで医療領域に顕在化する社会的課題をITを活用して解決するアプローチで事業を牽引、上場を果たす。現在は、経済水準が高まるアジアにおいて、生活者視点で必要とされる医療サービスを構築し、更なるグローバル展開を目指している。メディカルネットグループ6社の他、他上場企業の独立社外取締役など、複数の企業経営に関わる。

B04:日本のスタートアップがグローバルで戦うには

スピーカー
柴田 啓

ベンチャーリパブリックグループ 
共同創業者 兼 代表取締役CEO

柴田啓 キリロムグローバルフォーラム

スピーカー
柴田 啓

ベンチャーリパブリックグループ 
共同創業者 兼 代表取締役CEO

トラベル・テクノロジー分野におけるグローバル起業家。
20年のキャリアにおいてIPOやMBO、2件のエグジットの経験あり。
シンガポール、東京を拠点にして、日本最大級(ウェブサイト月間訪問数2,500万 + LINE公式アカウントフレンズ数2,300万)のオンライン旅行比較・メディア「トラベルjp」(https://www.travel.co.jp/)、チャットによる出張手配・管理サービス「トラベルjp forBusiness」(https://lw.travel.co.jp/)、シンガポール発グローバルオンライン旅行ガイドメディア「Trip101」(https://trip101.com/)、韓国におけるモバイル旅行比較アプリ「allstay」を傘下に持つベンチャーリパブリックグループの共同創業者 兼 代表取締役CEOとして世界をまたに活動。
トラベル x テクノロジーをテーマにしたアジア最大級の国際会議「WIT Japan & North Asia」カンファレンスの共同創業者兼実行委員長も務める。
シンガポール、韓国、日本、米国、インド、台湾、インドネシアなど、旅行・観光分野を中心に国内外におけるスタートアップ企業へのアーリーステージ・エンジェル投資も手がける。
慶應義塾大学、ハーバード・ビジネス・スクール(MBA)卒業。
ノルディック・アルペンスキーヤー、スノーボーダー。

B04:日本のスタートアップがグローバルで戦うには

スピーカー
染谷 悟

株式会社トレードワルツ
取締役CEO室長 兼 グローバル&アライアンス事業本部長

KGF2022_someya-satoru

スピーカー
染谷 悟

株式会社トレードワルツ
取締役CEO室長 兼 グローバル&アライアンス事業本部長

2010年、三菱商事入社。日米欧で取引管理システムの開発・運用担当後、三菱商事RtMジャパンの立ち上げ支援、インドオフショア開発のブリッジエンジニア、電力関連事業の財務管理やスタートアップ企業投資、デジタル戦略部などを経て、2020年11月から現職。現在カンボジアへの展開事業も進めている。

国際活動やインキュベーション、ブロックチェーンに強い思い入れがあり、2011年から内閣府主催の国際交流プログラム「日本・ASEANユースリーダーズサミット」で5年間ディスカッションコーディネーターを務めた他、2014年から筑波大学VBのアクセラレーターを立ち上げ合計6社の大学発ベンチャーの登記を支援、2018年にはMicrosoft等とブロックチェーン2.0ミートアップの立ち上げ等を行ってきた。
2021年より国連CEFACT日本委員会委員、経済産業省「貿易分野デジタル化の在り方研究会」メンバー等も務める。

B04:日本のスタートアップがグローバルで戦うには

モデレーター
中野 豊明

リポタ株式会社
代表取締役

中野豊明 キリロムグローバルフォーラム

モデレーター
中野 豊明

リポタ株式会社
代表取締役

1966年 神奈川県生。
早稲田大学卒業後、1991年にアクセンチュア入社。
サプライチェーンマネジメント、物流改革等に関する業務改革とグローバルシステム構築などのコンサルティングプロジェクトを多数経験。
2006年マネジング・ディレクター就任し、大規模ITアウトソーシングプロジェクトの見積もり、サービス移行、サービス品質向上、ITコスト削減など統括責任者として数多くの経験を有する。
ITアウトソーシングの付加価値向上のため保守運用の業務提供に加えて、IT戦略立案、組織改革ならびに機能強化、IT要員のスキル強化、コスト削減、サービス内製化などのプロジェクトに顧客側の立場からも従事。

B04:日本のスタートアップがグローバルで戦うには

※セッションタイトルとご登壇者は変更になる可能性があります

 

 

-セッション

© 2022 キリロムグローバルフォーラム2022 公式サイト